【新米 こしひかり】令和2年9月29日より収穫 生産者自慢の逸品 《販売中》 玄米|精米

収穫後1〜2日にて随時発送

山形置賜飯豊町下椿

令和2年9月29日から収穫開始した新米こしひかり

甘み強くなく質朴で一粒一粒力強くたち、透き通る艶も一級のお米

生産者自慢の逸品

【精米購入のお客様へ】

分づき米に対応いたします

お手数おかけしますが、お会計時に注文メモへ三分づき、五分づき、七分づき、お好みの分づきをご記入ください

【お支払い方法】

  • クレジットカード(Visa, Master, AMEX, JCB)
  • PayPal
  • Line Pay
  • 銀行振込
  • 代金引換

 

¥2,500¥14,500

解除

【新米 こしひかり】令和2年9月29日収穫開始

令和2年9月29日より収穫を始めた新米こしひかり。

こしひかりは美味しいお米の成分、デンプン質とタンパク質のバランスが絶妙で、程よい粘りと弾力、香り、濃い旨味が日本人に愛されています。

めしゆたかファームが育てるこしひかり、甘み強くなく質朴で一粒一粒力強くたっていて、透き通る艶も一級のお米だと生産者一同自慢の品です。

炊きたてのこしひかりが絶品なのはもちろん、冷めたこしひかりに粗塩を少し、塩むすびにすると最高に旨いです。

飯豊町下椿地区はお米づくりに最適な穀倉地帯で、飯豊山系白川を源とするケイ酸の多いミネラル豊富な清らかな水が絶えず田んぼへ注ぎ、昼夜の寒暖差が大きいことが特徴です。

ぜひ一度、めしゆたかファームが手塩にかけて育て上げたコシヒカリを口にしてみてください。

甘すぎずさらっとした炊き上がり、食味は絶品、何杯も食べたくなる衝動に駆られることうけあいです。

めしゆたかファームのこしひかりは特別栽培米として育てられ、農薬7割減、化学肥料5割減、農水省の厳しい審査をパスした安心・安全なお米です。

めしゆたかファーム

めしゆたかファームでは米沢牛を10頭ほど飼育しており、お米づくりの過程で穫ることができる稲わら、田んぼ周りの雑草を牛たちの食事として提供し、その牛糞を堆肥として田んぼへ散布、自家製堆肥による循環農業を実践。

疎植栽培にて苗を植え、丈夫で病害に強い稲、一粒一粒が大きな旨いお米を育てております。

必要のない窒素散布を控え、田んぼに負担をかけず、地力を活かした農法、そして農薬7割減、化学肥料5割減の減農薬栽培を心がけております。

めしゆたかファームの所在する飯豊町下椿地区は、飯豊山からの雪解け水に含まれる美味しいお米作りに必須のミネラル、ケイ酸が春先に田んぼへ豊富に注ぎ込み、土壌は粘着質で本当に美味しいお米を作るのに最適の土地柄です。

めしゆたかファームの詳細についてはこちらのリンクをご参照ください。

飯の豊かな町と書く飯豊町(いいでまち)、お米王国山形県の中でも特筆して美味しいお米を作ることができる飯豊町。

極上の農家直送米をお楽しみくださいませ。

生産者:梅津義浩 伊藤佐市